瓦葺きの屋根修理のタイミング

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 瓦葺きの屋根修理のタイミング
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
瓦葺きの屋根修理のタイミング屋根修理のネタ帳

業者に屋根修理の本格的な点検を頼む前に、自分で屋根の状態を確認することもできます。屋根に使われる瓦は他の屋根に比べて丈夫に出来ているため、よほどのことがなければこわれることは少ない素材です。しかし、その瓦を支える漆喰や、割れた瓦をそのままにしているなどでは、屋根を傷めることになりかねません。

漆喰は10年ほどではがれ始めてしまいます。漆喰が落ちたりはがれたりすると、瓦が固定されず、少しの衝撃や激しい雨でずれてしまい雨漏りの原因になり、最悪瓦が落ちてしまうなど危険な状態になってしまいます。

屋根に直接上がらなければ詳しいことは分かりにくいですが、外から眺めて瓦がずれているように見える、金具などに錆が浮いている、苔が目立つなど、少しでも気になるところがあるならば、点検することをオススメします。特に屋根の角に配置される鬼瓦は、一つが高いだけでなく重いため、落ちてしまうとかなり危険です。歪んでいる、傾いているなどの異変は早めに見つけて屋根修理をするようにしましょう。