瓦葺きの屋根修理のタイミング

業者に屋根修理の本格的な点検を頼む前に、自分で屋根の状態を確認することもできます。屋根に使われる瓦は他の屋根に比べて丈夫に出来ているため、よほどのことがなければこわれることは少ない素材です。しかし、その瓦を支える漆喰や、割れた瓦をそのままにしているなどでは、屋根を傷めることになりかねません。

漆喰は10年ほどではがれ始めてしまいます。漆喰が落ちたりはがれたりすると、瓦が固定されず、少しの衝撃や激しい雨でずれてしまい雨漏りの原因になり、最悪瓦が落ちてしまうなど危険な状態になってしまいます。

屋根に直接上がらなければ詳しいことは分かりにくいですが、外から眺めて瓦がずれているように見える、金具などに錆が浮いている、苔が目立つなど、少しでも気になるところがあるならば、点検することをオススメします。特に屋根の角に配置される鬼瓦は、一つが高いだけでなく重いため、落ちてしまうとかなり危険です。歪んでいる、傾いているなどの異変は早めに見つけて屋根修理をするようにしましょう。

定期的な屋根修理が家を長持ちさせる秘訣

屋根修理は損害によって、程度や金額が大きく変わってきます。台風や突風などで瓦が吹き飛ばされる、屋根が破損する程度ならば、軽い修理で済むこともありますが、一度雨漏りをしてしまうと屋根をはがすなど大掛かりになってしまう事態にもなりかねません。

また、屋根は家の中で常に日光や風雨に晒され続けていて、一番傷みやすい個所です。定期的な点検が必要なだけでなく、防水用のペンキの塗り替えや瓦の葺き替えをしておくことで、家自体を長く保つことができます。

天井板や屋根などを変えるだけで光熱費を浮かせたり、保温性を高めたりすることもできます。瓦も軽いものがあり、地震の際に屋根ごと落ちる事態も防ぐことが出来るものもあります。

何十年も屋根がそのままになっている場合は、一度診断をしてみるといいでしょう。診断を受けた際は、すぐに契約をして屋根修理に取り掛かるのではなく、どの場所が悪いのかをはっきりと聞いておきましょう。その上でいくつかの業者に見積もりを取っても遅くはありません。